社長年頭挨拶|株式会社MINEZAWA

社長年頭挨拶

2021.01.01
2021・新年を迎えました。
皆様がご家族とともに、健やかに新年を迎えられたことと
謹んでお慶びを申し上げます
昨年は、新型コロナウイルスの影響で、
すべてにおいて大きな変更・修正をせざるを得ない
歴史的に不自由な1年でありました。
コロナの影響は、いまだ見通しがつかない状況ではありますが、
このような機会は「じっくり考えてみる」ことも、大切なことではないでしょうか。
「新しい生活様式」という言葉が頻繁に聞かれるようになりました。
当社においても、テレワーク・リモート会議・在宅勤務など、「新しい働き方(営業活動)」を取り入れ始めました。
これらは、今までもやってみよう、やれないか?と考えていたことですが、
やらざるを得ない状況下におかれ、「すぐにやってみる・やり始める」ことで、前進することができました。
月並みかもしれませんが、「ピンチはチャンス」という言葉通り、
『これからの・将来の営業スタイル』を考えて、やってみることができる
チャンスだと考えています。
現在も、当社の取引先様の中には、「コロナ禍」においても業績を伸ばしている企業もあります。
そのような企業への営業活動、また自社の企業活動においても、
考えたこと、やってみたこと、一人一人が取り組んだことは、
いずれ必ず、関係する皆様へ成果・結果という形で表れてくると信じています。
私が考えた今年の漢字一文字は『進』です。
・情報力を大切にして、共有化の強化を図る
・グループ企業(国内外)の更なる連携・協業を図る
・新人事制度他、やるべき新しいことに取り組む
これらを特に重点として、大切に本年を進んでいきたいと考えています。
当社に掲げてある※『寸陰不可軽』の言葉を忘れず、安全と健康を確保しながら、
2021年(創業153年目)はチームワークをもって進んでいきたいと考えています。
※「少年易老學難成、一寸光陰不可軽」