MINEZAWAについて|株式会社MINEZAWA

MINEZAWAについて

経営理念

高い志をもって、
培われてきた文化を継承しながら、
未来へ新しい文化を創造していく。

安全・信頼をつないで、新しい未来へ
夢のある会社づくりに邁進し続けます

安全が全てに優先する、それが私たちMINEZAWAの事業活動です。当社の考える「安全」とは、作業に伴う事故を防ぐ意味に限らず、取引先様や仕入先様と交わす経済活動の安定、商品が滞りなくお届けできる物流体制の安定など、商社としてあるべき姿が健全に保たれている状態を示します。「安全第一」の考えの下、高品質・正確・迅速といったMINEZAWAの価値をお客様へ提供してきたことが、150年以上に渡り当社が事業を継続できた一因と自負しております。

一方で、お客様との信頼関係を守るために新しいことにチャレンジする進取の気性、これもまた創業より受け継がれるMINEZAWAの持ち味です。お客様の海外進出をサポートするためのグローバル事業の展開、商品供給の質とスピードを追求した物流センター併設やネット販売、近年はIT化やテレワーク推進にも取り組むなど、ニーズと社会情勢に合わせた様々な改革を行ってまいりました。現在も企業の成長・魅力アップを目指す長期事業計画を進めています。若手からベテランまで自由にアイデアを出し合い、お客様へ驚きと期待感あるサービスで信頼を強くする“これからのMINEZAWA”を追求しております。
変化の時代、当社にはお客様の事業に貢献できる確かな商品力・流通力・提案力があります。MINEZAWAだからできることを社員一人一人が常に考え、知恵を出し合い、積極的にトライしていく。そんな“夢のある会社”を目指し、これからも地域・世界のものづくりと歩んでまいります。

株式会社MINEZAWA
代表取締役社長 峰澤彰宏

経営方針

01

地域に根ざした企業活動を通じ、経済の振興と社会の発展に貢献する。

02

人を大切にし、社員・関係する全ての人々の幸福を実現する。

03

誠実で創造的な事業を行い、信用され安定的に成長することを目指す。

04

環境保全に配慮した事業活動を通じ、人と地球に優しい環境作りに取り組む。

行動方針

「夢のある会社づくり」と
「価値ある会社であり続ける」そのために

01

私たちは、安全に業務を行います。

02

私たちは、自ら考えて仕事をします。

03

私たちは、チームワークを大切にします。

04

私たちは、社会に貢献します。

必要なものを、迅速、お値打ち、快適に
MINEZAWAは取り扱う商品・ブランドを限定しません。お客様のご要望に確実にお応えするのはもちろん、スピード感とコストメリットも追求しています。だからこそ、多数の仕入先メーカー様と協力体制を築き、幅広いルートから商品が届く体制を構築。日頃からお客様とのコミュニケーションを通じて、ニーズの把握とコンサルティングにも努めています。お客様とメーカー様をつなぎ、地域・世界のものづくりに貢献。それが当社の使命です。

ロジスティックの視点からスピードを追求
物流のスピードアップとコストダウンを図るべく、MINEZAWAでは本社に3フロアからなる物流センターを併設。また社内ネットワーク増強による営業・管理・物流間の情報共有と、お客様・協力会社様とのネットワーク構築で受発注を確実・迅速に行います。積極的な物流改革を推進し「ほしいものがより早く、より安く」生産現場の理想形を目指します。

MINEZAWA 組織図

MINEZAWAは公式スポンサーとして様々な活動を支援しています。

波乱に富んだドラマ、多くのアドベンチャーを生み出すダカールラリーに参戦する「Team Land Cruiser TOYOTA AUTO BODY」、日本初のACミランサッカースクールとしてピッチ内外で輝くことのできる人間性を育む「ACミランアカデミー愛知」、愛知県刈谷市を本拠地としたプロバスケットボールチーム「シーホース三河」 など、MINEZAWAは様々な組織、団体の公式スポンサーです。

スポンサー スポンサー

会社概要

商 号 株式会社MINEZAWA
役 員
  • 取締役会長 峰澤 節子
  • 代表取締役社長 峰澤 彰宏
  • 取締役 前田 俊幸
  • 監査役 峰澤 幸江
創 業 明治元年(1868年)
所在地
  • 〒444-8588 愛知県岡崎市井田南町4番地5
  • TEL(0564)25-5000
  • FAX(0564)25-5055
会社設立 昭和32年8月
資本金 8,000万円
決算月 7月31日
取引銀行 三菱UFJ銀行、岡崎信用金庫、 名古屋銀行、みずほ銀行
従業員数 198名(2020年8月1日現在) グループ会社含む
事業内容 機械工具・配管資材・マテハン機器等販売
関連会社
  • MINEZAWA(THAILAND)Co.,Ltd.
  • MINEZAWA ASIA PACIFIC Co.,Ltd
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司 蘇州分公司
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司 厦門連絡事務所
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司 広州連絡事務所
  • PT.MINEZAWA TRADING INDONESIA
  • MINEZAWA MEXICO, S.A. DE C.V.
  • 株式会社MINEZAWA LOGI
認証取得 国際規格 ISO14001:2015(桑名営業所・宮城営業所・北九州営業所・厚木営業所、千葉事務所を除く)
事業所案内を見る ▶︎

沿革

明治

  • 1868年(明治元年) 峰澤栄吉・久吉が岡崎市・能見町に金物雑貨店を創業
  • 岡崎藩領の日名村で農業を営んでいた栄吉・久吉親子が転身し、能見町の街道沿いに金物雑貨店を開業した。
  • 創業当初、金物を中心に、あらゆる雑貨を取り扱っていた。

昭和

  • 1935年(昭和10年) 個人商店から法人組織「合資会社峰澤商店」に改組
  • 1957年(昭和32年) 株式会社峰澤商店に改名
  • 1950年後半には建築資材や建築金物の販売エリアが広がり、愛知県内はもとより、三重県、静岡県、長野県へも資材などを納入していた。
  • 1968年(昭和43年) 創業100周年、峰澤鋼機株式会社に改称
  • 創業100周年を記念して地域発の試みである商品展示会を行った。
  • 商品を間近に見て、実際に手に取って試してもらう機会を設けることで、峰澤鋼機の社名や取扱商品がこれまで以上に多くの企業に知られるようになった。
  • 1988年(昭和63年) 創業120周年を記念し式典を催す

平成

  • 1989年(平成2年) 豊橋出張所開設(現:豊橋営業所)
  • 1992年(平成4年) 苫小牧営業所開設 福岡営業所開設
  • 1998年(平成10年) 創業130周年 本社新築移転
  • 営業と物流の連携をテーマに物流時代に対応した、新社屋が完成した。
  • 経営全般にわたり「ロジスティックス」の視点からスピードを追求し、日々の営業活動の強化を図った。
  • 2000年(平成12年) エンジニアリング部設立
  • 2003年(平成15年) 国際規格 ISO14001 認証取得
  • 2004年(平成16年)タイバンコク現地法人 MINEZAWA(THAILAND)Co.,Ltd.設立
  • 2005年(平成17年) 中国天津現地法人
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司設立(MINEZAWA TRADING TIANJIN Co.,Ltd.)設立
  • 2006年(平成18年)
  • 株式会社ミネザワロジスティックス設立(現:株式会社MINEZAWA LOGI)
  • 2007年(平成19年) 桑名営業所開設
  • 2011年(平成23年) 宮城出張所開設(現:宮城営業所)
  • 2014年(平成26年)
  • 2月 インドネシアジャカルタ現地法人
  • PT.MINEZAWA TRADING INDONESIA設立
  • 4月 インターネット通信販売サイト「MINE」を楽天市場に出店
  • (現:MINEZAWA NET 楽天市場、Yahoo!、Amazon)
  • 2016年(平成28年)
  • 5月 安城営業所開設
  • 業務の効率化を検討する中で、よりお客様の近くで最善の対応ができるよう本社の既存部署を営業所として分離し、新しいスタイルの大型営業所として開設した。
  • 6月 メキシコイラプアト現地法人
  • MINEZAWA MEXICO, S.A. DE C.V.設立
  • 2018年(平成30年)
  • 創業150周年
  • 150周年を迎え、取り扱う商品は「鋼機」に留まらず、ネット販売向けの家庭用品にも広がった。商社でありながら、カスタマイズしたオリジナル商品をつくるメーカーの役割も担い、国内から世界へとグローバルに展開も果たした。
  • そうした業態の変化を踏まえて、「ミネザワ」というお客様に親しまれてきたブランドを守りながら、「MINEZAWA」とすることで、世界に展開していく意思を表明し、社名を「株式会社MINEZAWA」に改めた。
  • 1月 北九州営業所開設

令和

  • 2019年(令和元年) 8月 厚木営業所開設
  • 2020年(令和2年) 8月 千葉事務所開設

明治

  • 1868年(明治元年) 峰澤栄吉・久吉が岡崎市・能見町に金物雑貨店を創業
  • 岡崎藩領の日名村で農業を営んでいた栄吉・久吉親子が転身し、能見町の街道沿いに金物雑貨店を開業した。
  • 創業当初、金物を中心に、あらゆる雑貨を取り扱っていた。

昭和

  • 1935年(昭和10年) 個人商店から法人組織「合資会社峰澤商店」に改組
  • 1957年(昭和32年) 株式会社峰澤商店に改名
  • 1950年後半には建築資材や建築金物の販売エリアが広がり、愛知県内はもとより、三重県、静岡県、長野県へも資材などを納入していた。
  • 1968年(昭和43年) 創業100周年、峰澤鋼機株式会社に改称
  • 創業100周年を記念して地域発の試みである商品展示会を行った。
  • 商品を間近に見て、実際に手に取って試してもらう機会を設けることで、峰澤鋼機の社名や取扱商品がこれまで以上に多くの企業に知られるようになった。
  • 1988年(昭和63年) 創業120周年を記念し式典を催す

平成

  • 1989年(平成2年) 豊橋出張所開設(現:豊橋営業所)
  • 1992年(平成4年) 苫小牧営業所開設 福岡営業所開設
  • 1998年(平成10年) 創業130周年 本社新築移転
  • 営業と物流の連携をテーマに物流時代に対応した、新社屋が完成した。
  • 経営全般にわたり「ロジスティックス」の視点からスピードを追求し、日々の営業活動の強化を図った。
  • 2000年(平成12年) エンジニアリング部設立
  • 2003年(平成15年) 国際規格 ISO14001 認証取得
  • 2004年(平成16年)タイバンコク現地法人 MINEZAWA(THAILAND)Co.,Ltd.設立
  • 2005年(平成17年) 中国天津現地法人
  • 峰澤国際貿易(天津)有限公司設立(MINEZAWA TRADING TIANJIN Co.,Ltd.)設立
  • 2006年(平成18年)
  • 株式会社ミネザワロジスティックス設立(現:株式会社MINEZAWA LOGI)
  • 2007年(平成19年) 桑名営業所開設
  • 2011年(平成23年) 宮城出張所開設(現:宮城営業所)
  • 2014年(平成26年)
  • 2月 インドネシアジャカルタ現地法人
  • PT.MINEZAWA TRADING INDONESIA設立
  • 4月 インターネット通信販売サイト「MINE」を楽天市場に出店
  • (現:MINEZAWA NET 楽天市場、Yahoo!、Amazon)
  • 2016年(平成28年)
  • 5月 安城営業所開設
  • 業務の効率化を検討する中で、よりお客様の近くで最善の対応ができるよう本社の既存部署を営業所として分離し、新しいスタイルの大型営業所として開設した。
  • 6月 メキシコイラプアト現地法人
  • MINEZAWA MEXICO, S.A. DE C.V.設立
  • 2018年(平成30年)
  • 創業150周年
  • 150周年を迎え、取り扱う商品は「鋼機」に留まらず、ネット販売向けの家庭用品にも広がった。商社でありながら、カスタマイズしたオリジナル商品をつくるメーカーの役割も担い、国内から世界へとグローバルに展開も果たした。
  • そうした業態の変化を踏まえて、「ミネザワ」というお客様に親しまれてきたブランドを守りながら、「MINEZAWA」とすることで、世界に展開していく意思を表明し、社名を「株式会社MINEZAWA」に改めた。
  • 1月 北九州営業所開設

令和

  • 2019年(令和元年) 8月 厚木営業所開設
  • 2020年(令和2年) 8月 千葉事務所開設

主要取引先

  • アイシン・エィ・ダブリュ(株)
  • アイシン高丘エンジニアリング(株)
  • アイシン高丘(株)
  • アイシン高丘東北(株)
  • アイシン精機(株)
  • 愛知技研(株)
  • アイリスオーヤマ(株)
  • アイシン九州(株)
  • アイシン九州キャスティング(株)
  • アンデン(株)
  • イナテツ技研(株)
  • (株)ヴイテックプロダクト
  • エイティー九州(株)
  • ENEOS(株)
  • (株)FTS
  • (株)FTS九州
  • 岡崎市役所
  • (株)オチアイネクサス
  • (株)川本製作所
  • 喜栄工業(株)
  • キューピー(株)
  • (株)協豊製作所
  • 倉敷紡績(株)
  • (株)クラタ産業
  • 小島プレス工業(株)
  • 近藤工業(株)
  • 酒部建設(株)
  • (株)佐賀LIXIL製作所
  • (株)三栄シリカ
  • 三栄工業(株)
  • (株)三五
  • (株)三五北海道
  • (株)サンバレー
  • (株)三福
  • (株)三龍社
  • 自衛隊
  • (株)ジェイテクト
  • 四季(株)
  • (株)ジャパンディスプレイ
  • (株)新来島豊橋造船
  • 神星工業(株)
  • 新明工業(株)
  • (株)進和
  • 鋤柄農機(株)
  • (株)スギヤス
  • (株)スギ薬局
  • 住友ゴム工業(株)
  • 積水ナノコートテクノロジー(株)
  • セキスイハイム工業(株)
  • 仙台小林製薬(株)
  • セントレアGSEサービス(株)
  • セントラルコンベヤー(株)
  • (株)SOKEN
  • ソニー(株)
  • ソニーストレージメディアソリューションズ(株)
  • ソニーグローバルマニュファクチャリング& オペレーションズ(株)
  • ダイハツ九州(株)
  • 大豊工業(株)
  • 大豊精機(株)
  • 中央精機(株)
  • 中央精機東北(株)
  • DMG森精機(株)
  • (株)デンソー
  • (株)デンソー網走テストセンター
  • (株)デンソー岩手
  • (株)デンソーウェーブ
  • (株)デンソーエアシステムズ
  • (株)デンソーエムテック
  • (株)デンソーセイビ
  • (株)デンソー九州
  • (株)デンソーダイシン
  • (株)デンソートリム
  • (株)デンソーファシリティーズ
  • (株)デンソー福島
  • (株)デンソー北海道
  • (株)デンソーユニティサービス
  • 東北日発(株)
  • 東レエンジニアリング中部(株)
  • 東レ(株)
  • 東レプラスチック精工(株)
  • 東レ・モノフィラメント(株)
  • トピー実業(株)
  • 豊興工業(株)
  • (株)トヨタエナジーソリューションズ
  • (株)豊田自動織機
  • (株)豊田中央研究所
  • 豊田合成九州(株)
  • トヨタ自動車(株)
  • トヨタ自動車九州(株)
  • トヨタ自動車東日本(株)
  • トヨタ自動車北海道(株)
  • トヨタ車体(株)
  • 豊田通商(株)
  • 豊田鉄工(株)
  • トヨタ紡織(株)
  • トヨタ紡織九州(株)
  • 豊田メタル(株)
  • トヨテツ東北(株)
  • トヨテツ福岡(株)
  • (株)豊通マシナリー
  • (株)トヨトミ
  • 豊臣機工(株)
  • トリニティ工業(株)
  • 日清紡ケミカル(株)
  • 日清紡テキスタイル(株)
  • 日清紡ホールディングス(株)
  • 日清紡メカトロニクス(株)
  • 日鉄めっき鋼管(株)
  • 日本エステル(株)
  • 日本発条(株)
  • 服部工業(株)
  • (株)ハラタ
  • 日野自動車(株)
  • フォーミックス(株)
  • (株)FUJI
  • (株)藤岡工務店
  • 藤田螺子工業(株)
  • (株)フタバ九州
  • フタバ産業(株)
  • プライムアースEVエナジー(株)
  • プライムプラネットエナジー&ソリューションズ(株)
  • 豊幸(株)
  • (株)マキタ
  • (株)マセック
  • マルサンアイ(株)
  • マルヤス工業(株)
  • 三井物産オートモーティブ(株)
  • 三菱ケミカル(株)
  • 三菱ケミカルエンジニアリング(株)
  • 三菱ケミカル・クリンスイ(株)
  • 三菱自動車工業(株)
  • ユニチカ(株)
  • ユニ・チャームプロダクツ(株)
  • (株)LIXIL
  • リコーエレメックス(株)
  • (株)竜製作所
  • ロート製薬(株)
  • 渡辺鉄工(株)
  • SIAM SAMUT Co,.Ltd.
  • その他  (50音順・敬称略)